歯の治療器具

低費用の治療

インプラントは、失った歯を補う最先端の治療法です。とは言っても、誕生したのは1950年代のことであり、世界的に普及したのが1980年代のことですから、すでに歴史や実績を有している治療法なのです。 インプラントが秀でている点は、歯の形状だけではなく、噛む機能までも再現できることです。入れ歯やブリッジといった従来からある治療法は、歯の噛む能力を再現することが困難な治療法です。その理由は、歯の固定の仕方に問題があり、しっかりと歯が固定されていないからです。 その点、インプラントの歯は、強固に顎骨に固定されています。ですから、噛む機能までも再現できるのです。それ故、歯を失った際には、インプラント治療を施すのが最善だと多くの歯科医が推奨しています。

ただ、残念なことに治療費は非常に高額です。インプラント治療、1本あたりの治療費の相場は30万円程度となっています。 そもそもインプラントは、とてもコストがかかる治療法です。ただ、高額な治療費の最大の原因は、保険が適用されない治療、つまり、治療費を患者が全額自己負担しなければならない治療として行われているからです。 インプラント治療の保険適用は、ごく一部のケースしか許可されていないのです。従って、ほとんどのケースが保険適用外で治療で行われています。 この先、保険の適用範囲が拡大する可能性はありますが、今のところ、そういった予定はないようです。但し、全般的に治療費が安くなる兆しはあります。 近年、インプラント治療を行う歯医者は増えつつある傾向です。つまり、競合する相手が増えつつあるのです。そういった状況では、全般的に価格が下げられるのが常となっています。ですから、インプラント治療の治療費も全般的に下げられることが予想できるのです。実際、すでに相場の半額程度の治療費で、インプラント治療を行っている歯医者もあります。