歯の治療器具

充実した麻酔

歯医者さんは大の苦手、という方も少なくないのではないでしょうか。何だか虫歯が心配だけれど、どうしても歯科医の門がくぐれずに、ついついやり過ごしてしまっている、どうしようと悩んでいる人も中にはいらっしゃるのでは。 そんな方でも安心して治療が出来るよう、今では歯科治療の麻酔にも様々な工夫がこらされています。例えば表面麻酔をしてから局所麻酔の注射をすることで、ずいぶん麻酔注射の痛みが抑えられるのです。 そして、それでも歯科治療の恐怖が抜けない、という方のために、いわゆる笑気ガスなどの精神鎮静法や、また状況によっては全身麻酔なども使われています。小さなお子様でも安心して歯科の手術が出来るのです。 以前は歯科治療はある程度不快なもの、我慢して当然、という考えがありましたが、これからはますますどうリラックスして快適に治療が受けられるか、ということが問われるのではないでしょうか。

歯科医が苦手な方にとても有効な麻酔による治療ですが、いくつか気を付けなければいけない点もあります。 笑気ガスは安全性の高いガスではありますが、ガスを吸い込むという性質上、鼻が詰まっていたりする場合には、呼吸が苦しくなるおそれがあるのです。また、薬剤を用いますので、アレルギーや常用している薬剤がある方は、念のため歯科医と相談されてから治療を受けましょう。 全身麻酔で治療を行う場合は、治療をなるべく一度で済まさなければいけない、という点に気を付けてください。通常、重い症状の虫歯は1度で治療が終わることは少ないです。何度か通って完治することが普通ですが、全身麻酔の場合、何度も麻酔をかけるわけにはいかないので、1度で全ての治療を終わらせる必要があります。そこでどうしても不具合などのリスクが多少高くなることがあるのです。 痛みとは無縁の治療は素晴らしいことです。リスクも知って、上手に活用しましょう。